新時代のソーサリアンを提案する

30周年を越えたソーサリアンの夢と妄想を語り続ける

ソーサリアンText 開発者向けマニュアル(目次)

本ドキュメントは、ソーサリアンTextのシナリオを執筆する人のためのマニュアルです。純粋にソーサリアンTextを遊びたいという方は、プレイヤー向けマニュアル(http://d.hatena.ne.jp/sorcerian/20171220)の方を参照してください。

ソーサリアン Text開発道場

ソーサリアン Textの開発に興味を持たれた方は、まずはこちらから。開発環境の導入から、基本的なシナリオの制作までを、ソーサリアンたちがコミカルに解説しています!

ソーサリアンTextシナリオ開発道場

もちろん、あくまで導入編なので、道場で基本的な執筆スタイルを学んだ後は、細かな仕様などは以下のマニュアルを確認することをお勧めします。

開発環境の準備

ソーサリアンTextの開発は、以下のいずれかの環境で進められます。

  1. Playground(ブラウザー)上で実行
  2. ローカルにサーバーを準備

1. はブラウザー上で動作するので準備は不要ですが、音楽の再生、画像の表示には未対応です。2. はサーバーインストールの手間はありますが、STextの全機能を利用できます。用途に応じて、両者を使い分けてください。

環境準備の詳細については、以下のドキュメントを参照してください。

ソーサリアンText開発者向けマニュアル(環境準備編)

GBAT to SText

GameBook Authoring Tool(GBAT)で作成したデータをSText形式に変換するツールです。変換ツール単体で利用する他、Playground上で変換&実行する際に利用することもできます。

ソーサリアンText開発者向けマニュアル(GBAT to SText編)

以前は、さまざまな開発ツールを提供していましたが、現在では、GBAT+Playgroundの組み合わせでの開発を推奨しています*1

SGMLリファレンス

ソーサリアンTextのシナリオデータは、SGMLと呼ばれるXMLベースのマークアップ言語で記述します。SGMLの記法、作成したシナリオデータの配置方法(フォルダー構造)については、以下のドキュメントを参照してください。

ソーサリアンText開発者向けマニュアル(SGMLリファレンス)

それぞれの要素/属性の詳細については、開発環境からサンプルシナリオを確認してみるのも良いでしょう。

■Note■
本ドキュメントは、(GBATではなく)生のシナリオデータを前提とした内容です。難しく感じる場合は、以下の「チュートリアル」を確認すると、少し理解が捗るかもしれません。

シナリオテクニック集

システム/シナリオ(王杖)を担当した人間が、STextシナリオを執筆する上で、「こうした方が良いかも」というポイントをまとめています。

仕様(〜でなくてはならない)ではないので、ここで書かれているポイントを、あなたはきちんと守っても、完全に無視しても構いません。

ソーサリアンText開発者向けマニュアル(テクニック集)

執筆された皆さんからも「こんなポイントも!」があれば、お送りいただければ追記します!

更新履歴

ソーサリアン Textの12/20リリース以来の更新履歴(&予定)を、主なものに限定していますが、まとめています。

ソーサリアンText開発者向けマニュアル(更新履歴)

更新リクエストも随時受け付けていますので、ご要望はTwitterより @snext1220(https://twitter.com/snext1220)にお寄せください。

優先順位の低いドキュメント

リリース当初、試行錯誤でさまざまなツール/ドキュメントを用意していましたが、ツール/ドキュメントの整備によって、優先順位が低まったドキュメントです。上のドキュメントが要が足りる場合には、以下のドキュメントは無視して構いません。

チュートリアル

テキストエディターでの執筆を前提としたチュートリアルです。

ソーサリアンText開発者向けマニュアル(チュートリアル)

初期に作成したマニュアルなので、ごくシンプルに手順をまとめています。GBAT+Playgroundを利用するのであれば、読み飛ばしても構いません(でも、最終的に生成されるscenario.xmlを理解する上では、「SGMLリファレンス」共々読むと役立つかも)。

メイクリアン Text

「XMLEDITOR.NET」をベースとした、ソーサリアン Textシナリオ執筆のための軽量プラグインです。

ソーサリアンText開発者向けマニュアル(メイクリアン Text編)

スキーマファイルによる検証などで役立ちますが、ほぼGBAT+Playgroundで賄えるので、利用機会は少なくなりそうです。

メイクリアン Flow(非推奨

フローデータ(シナリオの粗筋)から、シナリオデータの骨組みを作成します。面倒なリンクを自動生成してくれるので、シーン単位の執筆に集中できます。

ソーサリアンText開発者向けマニュアル(メイクリアン Flow編)

GBATがフロチャ機能を提供しているので、こちらを利用するくらいならば、GBAT+Playgroundを利用すべきです。現在はメンテナンスを停止しています。

問い合わせ先

開発で不明な点は、Twitterより @snext1220(https://twitter.com/snext1220)にお問い合わせください。

*1:ただし、その方が楽という人は、汎用的なテキストエディターによる開発も、もちろん可能です。ちなみに、作者は基本、テキストエディター派ですw